不思議の扉

本の話。

電車に乗っていて、ふとつり革広告を見ると角川文庫の広告。

『不思議の扉 時間がいっぱい』
筒井康隆 星新一 谷川流

私の専門分野ktkrと思って買ってみたら、ほとんど既に読んだことがある内容だったでござる。
しかも谷川流は涼宮ハルヒのエンドレスエイトかよ。

隣にあった『赤い彗星 機動戦士ガンダムUC』も気になった。
[PR]
by shishi0602 | 2010-03-26 11:47 |

ですのとか

おひさし(o_ _)o

コミック派なので遅れながら「Death Note」の最終巻を読んでみましたよよよ。
あー…、月死んじゃったなぁ(。。;
話には聞いてたけど、見た感じニアにハメ殺されてて少し悲しかった…。
作品を最初から最後まで通して見ると、話的に最後まで非常によくまとまっていて、作品としては稀な良作だとは思うんだけど、最後だけを見ると今までの月のやってきたことは…と思ってしまうわけですよ。

極論を言ってしまうと、最後のニアVS月は、月は戦わなくても勝てた。
例えば日本の捜査員全員を死の前行動で操ってニア側の人を全員捕縛ないし無力化でもしてしまえば、後は銃か何かで殺害してしまえば終わり、とかミカミを使わなくてもいくらでも方法はあったと思うんだよなぁ。
その辺は月のプライドが許さないとかいろいろ理由はあるだろうけど、死んじゃったからねぇ…_| ̄|○

あ、こう考えるとニアの方も同じことができるのか
…まぁいいか(ぉ

まぁ、そんな感じで嘆いてます。

そんでもって小説の方。
最近は「Missinng」を書いてた甲田 学人の新作の「断章のグリム」というのに手を出し中。
あー、時間ないのに大丈夫か自分。

BGM:「ぱにぽにX!」
[PR]
by shishi0602 | 2006-07-12 01:17 |

DEATH NOTE の最新巻を買ってみた。
ジャンプは読んでないコミック派なので、本誌の方では ゲフンゲフンな展開になってるとか耳にはするものの気にしない気にしない。

で、11巻を読んでみて思ったのが
「月が何故日本にいる本部の者達を消さないか」

最大の敵であるニアには既に「月=キラ」というのが特定されていて、しかも社会はキラ寄りになっている状況で、本部の者達の監視・共同作業は月の行動を制限するものにしかなっていないと思うんだがなぁ…。
…書いててニアが言ってた通り「別に居ても居なくても関係ない」とかそんな理由な気がしてきたぞ。(ぉ

むー、全国一位の余裕。
[PR]
by shishi0602 | 2006-05-07 12:04 |

たいしょー

ちょいエンサガのことは置いといて、久々に本の話。

以前、今年も電撃大賞の受賞作を読み漁りーと言って買っていたものが、ようやく3作品とも読み終わりー。
(ホントは4作品あるんだが好みじゃなかったので買わず(_。。)_)

全体的に去年よりは楽しめた雰囲気。
中でも「狼と香辛料」は特に良作だったなぁ。
昔話のようなストーリーなんだが、その中にも騙し合いの楽しさが(*´ω`)

なんでこれが一番下の銀賞なんだろうなぁ…。好みの問題だろうか。

もんもん。

BGM:スピッツ 「青い車」
[PR]
by shishi0602 | 2006-04-07 23:25 |

銀英伝 (ホントに)完

強風の中、自転車こぎこぎ本屋に行ってきましたよ。
電撃大賞やら他のラノベのやら、二か月分ぐらい文庫を買い込み。
あー、これでまた暮らしていける(ぇ


「銀河英雄伝説外伝 螺旋迷宮-スパイラルラビリンス-」
ついに、読み終わりました。
いやー、長かったのか短かったのかよくわからないけど、全29巻(デュアル文庫版)の銀河英雄伝説を全部読み終わりー。
読み始めたのが去年の終わりなので、他の本をちょこっと読みつつ、約1ヶ月半で読み終わりとは、いつもの自分の読書ペースから言うとかなりハヤイ!
でも、過去話の外伝を最後に読んだということで、大作を読んだ後の来る喪失感はやや薄い。読者に優しい作品だ(´-`)
なんだか一生残りそうな作品で読めてよかったなぁ。
ごちそうさまでした。


それでは、最後に

銀英伝に プロージット!  

                                       (ガシャーン
[PR]
by shishi0602 | 2006-02-12 17:13 |

螺旋

銀河英雄伝説外伝をまだ読み進め中。

…キルヒアイスって外伝キャラダッタンダネ!(ぁ

明らかに本編より出番多いよー・゚・(ノД`;)・゚・
むしろラインハルトよりも活躍の場面多い…。

外伝もラスト2冊。

2月は電撃から出る新刊に今年の電撃大賞受賞作がいくつか出されるので、毎年恒例になってる受賞作読み漁りをする予定。

うーん、去年の受賞作がほぼ全て面白くないと感じたのが不安要素かなぁ。
[PR]
by shishi0602 | 2006-02-08 22:07 |

ぎんえー

銀河英雄伝説のアニメ版をちょこっと見てみた。
なんだか映画版も何本もあるのね。

ラインハルト役の声優がドラゴンボールのベジータだったり(ファイナルフラァァアアシュ!)
ロイエンタールが小説版より歳とってる感じでサラリーマンっぽかったり。
戦艦同士の宇宙戦闘ではクラシックの名曲ばかりが使われてて
華やかヽ(´ー`)ノ
SEEDとかとはまた違った良さが。


今読んでる「黄金の翼」、ラインハルトとキルヒアイスがペアになってると最強なんじゃないか…ってぐらい輝いてる少年時代だなぁ(・・;  
まさに敵なし。
あー、でも17歳で大佐か。鋼の錬金術師のロイ・マスタングが泣くね(ぉ

まだまだ外伝は残ってます(_。。)_
[PR]
by shishi0602 | 2006-02-04 12:12 |

伝説、終わり

伝説は終わり歴史が始まりました。

しっしーです。
(↓以下銀英伝の感想なので読みたい方はどうぞ)

えー、ようやく年末から読み始めてほぼ一日一冊(一殺?)のペースで読み進めていた「銀河英雄伝説」本編の方を読み終わり。
なんかあっという間だったな20巻(
とても20年以上前の作品とは思えない現代っぽさ。
今まで見てきた小説やらアニメやらで見たことあるようなキャラとか場面、セリフ。(もちろん銀英伝の方が古い)
なかなか味わい深かった(_。。)_

で、もはや主要メンバーの大半が死んで終わった銀英伝。ふと、頭に浮かんだことがある。

全ての黒幕はアンネローゼ様だったんじゃないか…?

・ラインハルトの子供時代、優秀な部下のキルヒアイスをラインハルトに与える。
・権力の塊、ゴールデンバウム王朝に嫁ぐ
・王朝内部からラインハルトの出世を援助
・トリューニヒトを送り出し同盟を内部崩壊に導く
・ゴールデンバウムの王様、突然死亡
・キルヒアイス死亡後、隠居(隠居中に裏工作を進める)
・ラインハルト、王座を得てから謎の発病(医師を操ってラインハルトを徐々に弱らせる)
・ヤン暗殺によりラインハルトは事実上敵なし(地球教とかもアンネローゼの手下なんだきっと
・ロイエンタールの謎の遺言(あの「ジーク」って言葉はアンネローゼのたくらみに気が付いたロイエンタールが「キルヒアイスもアイツに消されたから皇帝気をつけて」って意味なんだきっと
・柊の館事件時、あの争いの中何故か無傷(やっぱり地球教とグルなんだ)
・ラインハルト死亡、権力の塊である王座は赤子の手に渡り、しかも邪魔なオーベルシュタインも消したことにより邪魔者が消える。

まだまだアンネローゼの伝説は終わりそうにありません

以上、戯言でした。(_。。)_

BGM:BUMP OF CHICKEN 「ホリデイ」
[PR]
by shishi0602 | 2006-01-16 23:52 |

うむ

あとすこし。
[PR]
by shishi0602 | 2006-01-14 23:39 |

魔術師が還らなくなった。

…そんだけ。(銀英
[PR]
by shishi0602 | 2006-01-10 21:53 |