伝説、終わり

伝説は終わり歴史が始まりました。

しっしーです。
(↓以下銀英伝の感想なので読みたい方はどうぞ)

えー、ようやく年末から読み始めてほぼ一日一冊(一殺?)のペースで読み進めていた「銀河英雄伝説」本編の方を読み終わり。
なんかあっという間だったな20巻(
とても20年以上前の作品とは思えない現代っぽさ。
今まで見てきた小説やらアニメやらで見たことあるようなキャラとか場面、セリフ。(もちろん銀英伝の方が古い)
なかなか味わい深かった(_。。)_

で、もはや主要メンバーの大半が死んで終わった銀英伝。ふと、頭に浮かんだことがある。

全ての黒幕はアンネローゼ様だったんじゃないか…?

・ラインハルトの子供時代、優秀な部下のキルヒアイスをラインハルトに与える。
・権力の塊、ゴールデンバウム王朝に嫁ぐ
・王朝内部からラインハルトの出世を援助
・トリューニヒトを送り出し同盟を内部崩壊に導く
・ゴールデンバウムの王様、突然死亡
・キルヒアイス死亡後、隠居(隠居中に裏工作を進める)
・ラインハルト、王座を得てから謎の発病(医師を操ってラインハルトを徐々に弱らせる)
・ヤン暗殺によりラインハルトは事実上敵なし(地球教とかもアンネローゼの手下なんだきっと
・ロイエンタールの謎の遺言(あの「ジーク」って言葉はアンネローゼのたくらみに気が付いたロイエンタールが「キルヒアイスもアイツに消されたから皇帝気をつけて」って意味なんだきっと
・柊の館事件時、あの争いの中何故か無傷(やっぱり地球教とグルなんだ)
・ラインハルト死亡、権力の塊である王座は赤子の手に渡り、しかも邪魔なオーベルシュタインも消したことにより邪魔者が消える。

まだまだアンネローゼの伝説は終わりそうにありません

以上、戯言でした。(_。。)_

BGM:BUMP OF CHICKEN 「ホリデイ」
[PR]
by shishi0602 | 2006-01-16 23:52 |